忍者ブログ
Admin / Write / Res
駆け出しの翻訳屋です。 日々躓いてばかりの生活をちょっと綴ってみます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
まず、「幻夏」を読んでみました。

著者の太田愛氏は、ドラマ「相棒」の脚本家としても有名と紹介されていたので、逆に読むかどうかためらってしまいました。というのは、以前ドラマのノベライズという本を読んで、「これ、小説じゃなくて脚本じゃん!」と思ったことがあるのです。なんというか、会話がメインになっていて、描写が非常にうすっぺらくて、、たとえば「相棒」の小説版を読んだとき、ドラマに出てくる右京を思い浮かべれば、小説の中の右京の考えや様子も思い描けるのですが、文字を追っただけでは、人物像や情景があまりにも希薄だったのです。そんな経験があったので、脚本家が書いた小説という点にちょっと不安を感じたのです。

しかし、そんな不安は見事に裏切られました!とても面白かったです。
変な先入観を持ったことを反省しました。^^;
(そういえば、お気に入りの作家の一人である湊かなえ氏も脚本からスタートしたのでした)

「幻夏」は遠い少年時代の記憶と、現在進行形の事件とが交錯するミステリーです。
刑事の相馬と、その仲間(といっても刑事ではない)の鑓水、修司のトリオが、生き生きと描かれていて、とにかく話の展開が気になって一気に読みました。相馬が思い出す少年時代のエピソードもノスタルックでとても暖かい、、、それだけに結末は哀しいものでもあるのですが、なんとなく救いもある、とても後味のよいミステリーです。

あまりに面白かったので、引き続き「犯罪者」も読みました。

実は「犯罪者」は「幻夏」より先に出版されており、相馬、鑓水、修司が出てくるシリーズの第一弾です。時系列的にもこちらが先の話です。
(それは「幻夏」を読む前からわかっていたのですが、あらすじを読んだとき「幻夏」のほうが気になってしまったので、逆順に読んでしまいました。^^;)
ですが、話自体は独立しているので、どちらを先に読んでも、問題はありません。

「犯罪者」もなかなか話の展開が読めず、しかもスピーディーに進んでいくので、上下巻を一気に読んでしまいました。こちらも同様に面白かったです。

ただ面白いだけでなく、「幻夏」は冤罪、「犯罪者」は企業のコンプライアンスと政治家との癒着など、社会的なテーマを扱っていて、考えさせられる部分も多かったです。

なかなか伝えきれませんが、とにかく良質のミステリー(←広い意味でのミステリー)でした。

拍手[0回]

PR
スーパーの特設売り場で見つけて、つい買ってしまったチーズケーキ。

猫のイラストのかわいい箱に入っています。


中身は 5 種類の味のチーズケーキです。


ふわっととろけるような食感で、とても美味しかったです。
今回は期間限定の販売ということでしたが、名古屋では有名なケーキ屋さんらしいです。
近くにお店があったら、何度でもリピートしてしまいそうです。^o^

拍手[0回]

やはりたくさん英文を読まないといけないなぁと思うのは、こんなときです。

glass-half-full person

・・・どういう意味?と思いました。

ちょっと調べただけで、たくさん出てきました。よく出てくる表現のようです。Wikipedia (英語) にも載っていました。

「From the expression Is the glass half empty or half full?, the answer to which is said to determine whether a person is optimistic or pessimistic.」

この「Is the glass half empty or half full?」という表現が、さらに Wikipedia (英語) に載っています。

簡単に言うと、同じ状況を見て、「水が半分入っている」と思うか、「半分空だ」と思うかによって、楽観的か悲観的かがわかる、ということのようです。

うむ、うむ、なるほど~。

ちなみに、私の場合、水であれば、「半分ある」と思うほうです。

「水」に限定したのは、、、これが「時間」とかだと、答えが変わるからです。^^;

例えば、「8 時ちょうどのあずさ 2 号」に乗るとして、駅に到着したのが 7:50 だとすると、私は「あと 10 分しかない!」と思うのですが、相棒は「まだ 10 分もある!」と思うようです。
そのため、「まだ 10 分も待たないといけない」と思う相棒はキオスクをのぞき、「もう 10 分しかないのに!」と思う私は、キオスクの前で何度も時計を見る、、、ということになります。

旅先で相棒と揉めることはほとんどないのですが、この認識の違いだけは困りますね。^^;
まぁ、もう慣れましたが。。。

そんなことを思い出した glass-half-full でした。

拍手[1回]

友人に勧められ、「出版禁止」を読んでみました。

後で知ったことですが、この本は叙述トリックで話題になり、読み終わったあとも謎解きが必要になるので、ネット上にもネタバレサイトが複数存在するとか。。。

個人的な趣味としては、やはりミステリーは小説の中ですべての謎解きをしてほしい、と思います。凄惨な殺人事件であっても、最後にすっきり謎が解けることで爽快感を味わい、気持ち良く本を閉じることができる、と思うのですが。。。
そういう意味で、この本は叙述トリックは面白いけれど、読後感は今ひとつでした。(もちろん、本人の解読力の問題という話も。。。)

最後の「あとがき」で、おおよその謎は解説され、仮名のアナグラムはネット上にネタバレがあるので、だいたいのことは分かるのですが、若橋がなぜそのような行動をとったのか、というところは結局すっきりしませんでした。

ついつい、いつまでも考えてしまうので、とりあえずわかったことを整理して、次の本に進もうと思います。^^;

というわけで、分かったことを以下に整理します(下の「続きはこちら」をクリック)。


拍手[0回]

先週は徳島&高知へ行ってきました。
といっても、「城めぐ」アプリで、徳島の残りの城制覇&高知イベントの残り3地点制覇が目的だったので、あまり写真はありません。^^;

まず、徳島市内から室戸岬へ向かったのですが、途中お昼に立ち寄ったのが、
odori
という阿波尾鶏のお店です。
日和佐あたりで昼食を食べようと思っていたのに、お店を探し損ね、ちょっとお昼を食べ損ねたかなぁと思っていたら、偶然発見したのが「odori」です。看板には「阿波尾鶏」としか書いてなかったように思うのですが、スタイリッシュなデザインに惹かれ、立ち寄ってみたところ、お店の雰囲気といい、味といい、大当たりのお店でした。

私が食べたのは親子丼です!


さて、高知入りして、室戸世界ジオパークセンター、中岡慎太郎館、岡御殿と廻りました。
一番感動したのは、岡御殿なのですが、なぜか写真が一枚もありません!! ^^;
立地的に外観が撮りにくい場所なのと、建物自体がすごいのですが、写真映えしないのが理由でしょうか。殿様の座敷に座って、庭を眺めると、とてもいい景色なのですが、「うーん、なるほど~!」といいながら、写真を撮るのは忘れてました。^^;
まぁ、写真を撮りたくなる景色というより、目で見て空間を味わうものだと思います。

夜は高知市内に宿泊したのですが、高知城のライトアップが素晴らしかったです。
有料エリア以外は、大手門内にも入れるようです。ただ、ちょっと暗いので足元には注意が必要です。
スマフォしか持っていなかったので、ピントがイマイチですが、素晴らしい光景でした。


2 日目は徳島の残り城をとり、最後に続 100 名城に選ばれた香川県の引田城の近くまで行ってみました。あいにくの雨だったので、登城は断念。

近くに気になる建物があったので寄ってみたら、「かめびし屋」という老舗の醤油屋さんでした。各種の醤油を味見した後、「しょうゆうどん」をいただきましたが、これがとても美味しかったです。
しょうゆベースのお菓子も味見させてもらい、思わずお土産にしてしまいました。





拍手[0回]

カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[01/25 文字起こし]
[03/29 baldhatter]
[03/22 Vipulthin]
[10/21 Parthkun]
[10/21 mariko(猫先生)]
プロフィール
HN:
明風
性別:
非公開
自己紹介:
技術屋から翻訳屋に転身しようと、退職。通信制の翻訳大学院で学びながら、翻訳の仕事を開始。胸をはって「翻訳家です」と言えるまで、日夜修行中(?)の身です。
趣味は音楽鑑賞と城めぐり。月平均 1 回以上のライブと登城がエネルギー源です!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
Copyright ©   明風堂ブログ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]