忍者ブログ
Admin / Write / Res
駆け出しの翻訳屋です。 日々躓いてばかりの生活をちょっと綴ってみます。
[534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524
先日担当していた英語の文章に「based off」という表現が出てきました。前後の内容からして、これは「based on」の誤りではないかと思ったのですが、調べてみたところ、

based off (of) ~ = based on ~

でした!

手持ちの辞書には載っておらず、英辞郎 on the Web と Weblio 英和辞典くらいにしか載っていないのですが、ネットで調べていたら、結構悩んだ方がいるようで、いくつかのサイトがヒットしました。

on と off で何故同じ意味になるのかが気になるところですが、off of = from の意で、derived from との混同などの説(?)があるようです。ネイティブの方の意見でも、「そのようは表現はない」とする人と「TVで聞いた」と言う人がいて、かなり意見が分かれるようです。

とりあえず、「based on の誤りだと思いま~す」などとコメントしなくてよかったです。^^;

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
無題
このフレーズ、悩まされました。

私が記事にしたのはもう7年も前のことですが、英語圏でも個人サイトがポツポツある程度でした。

今あらためて検索すると、だいぶ増えているようですね。それでも、まだ正規の辞書で採用されている例は知りません。

ちょっとした言い間違い、あるいは若者言葉が定着する―日本語でもよくある現象なんだろうと思っています。
baldhatter URL 2017/03/29(Wed)00:38 編集
Re:無題
コメント、ありがとうございます!

baldhatter さんの記事も読ませていただきました。
(実は引用させていただこうかと悩んだのですが、まさかご本人からコメントいただけるとは、恐縮です)

>今あらためて検索すると、だいぶ増えているようですね。それでも、まだ正規の辞書で採用されている例は知りません。
>
>ちょっとした言い間違い、あるいは若者言葉が定着する―日本語でもよくある現象なんだろうと思っています。

なるほど。。。
よく、広辞苑とかに若者言葉が載ると、「そんな言葉を辞書に載せるのか!」と思いますが、こういうことがあると、注釈付きでも正規の辞書に載せてくれたら、、、と思いますね。
明風   2017/03/29(Wed)09:48
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/29 baldhatter]
[03/22 Vipulthin]
[10/21 Parthkun]
[10/21 mariko(猫先生)]
[09/13 smilealways]
プロフィール
HN:
明風
性別:
非公開
自己紹介:
技術屋から翻訳屋に転身しようと、退職。通信制の翻訳大学院で学びながら、翻訳の仕事を開始。胸をはって「翻訳家です」と言えるまで、日夜修行中(?)の身です。
趣味は音楽鑑賞と城めぐり。月平均 1 回以上のライブと登城がエネルギー源です!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
Copyright ©   明風堂ブログ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]