忍者ブログ
Admin / Write / Res
駆け出しの翻訳屋です。 日々躓いてばかりの生活をちょっと綴ってみます。
[116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106
 翻訳大学院では、修論の代わりに、本を 1 冊自分で訳し、修了作品とすることができます。すでに 1 年次に修了作品とすることを決め、原書を選定し、シノプシスや翻訳方針などを決定しています。2 年次には実際にこれを翻訳していくわけです(これが修了作品Ⅱです)。
 で、先日から、この修了作品Ⅱ をそろそろ登録しようかどうしようか、と思っているわけですが、とりあえず、講師用の原書を取り寄せたり、参考文献に目を通したりしている間に、原書をスキャナで取り込もうと思いました。

 原書を電子化しておけば、訳抜けの防止、翻訳の効率化が図れます。

 
 
 
 
 スキャナには紙を連続してスキャンできるタイプと、本など分厚いものをスキャンできるものがありますが、私が持っているのは本をスキャンできるタイプのものです。ほんとは、本を裁断して、連続スキャンすると楽なのですが、本を裁断してしまうことに抵抗があったので、本をそのまま 1 ページずつスキャンする方を選んだのですね。

 しかし、やってみると、やっぱり時間がかかります。取り込むだけで終わればいいのですが、取り込んだ後も、OCR のミスや数式を直したり、図を取り込んだりと、いろいろ作業があるので、スキャンだけでも自動化すれば良かったとちょっと後悔しました。

 とりあえず 200 ページまで取り込みましたが、まだ 100 ページ以上あります。;_;
 本来、修了作品は 200 ページ程度が目安なのですが、図が多いので、実質ページは 240 ページくらいになるということで、この本を選んだのですが、なんでこんなに図の多い本を選んでしまったのか悔やまれます。。。^^;
 ま、ぼちぼちやります。。。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/29 baldhatter]
[03/22 Vipulthin]
[10/21 Parthkun]
[10/21 mariko(猫先生)]
[09/13 smilealways]
プロフィール
HN:
明風
性別:
非公開
自己紹介:
技術屋から翻訳屋に転身しようと、退職。通信制の翻訳大学院で学びながら、翻訳の仕事を開始。胸をはって「翻訳家です」と言えるまで、日夜修行中(?)の身です。
趣味は音楽鑑賞と城めぐり。月平均 1 回以上のライブと登城がエネルギー源です!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
Copyright ©   明風堂ブログ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]