忍者ブログ
Admin / Write / Res
駆け出しの翻訳屋です。 日々躓いてばかりの生活をちょっと綴ってみます。
[513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503
メーカーに勤めていた頃、「一度無理をすると、次からそれがデフォルトになってしまう」と嘆いていた人がいたことを思い出しました。

そう。。。どうしてもやらなければいけないのだが人がいない、とか、いつまでにやらないといけないのだが間に合わない、とかいう状況で、見るにみかねて「私がやります」とか「残業します」、「休日出勤します」とか言ってしまうと、そのときは「申し訳ないなぁ・・・」と言われるのだけれど、次回からはそれが当たり前になってしまって、「当然残業するよね、土日も出勤だよね」と思われてしまう、という嘆きでした。-.-;

私自身は上長からのプレッシャーで出勤するとか残業するとかいうことはあまりなかったつもりですが、周りの状況から自然に、深夜残業、土曜出勤はデフォルトという状態になっていって、なんか呪縛のようにそこから抜け出せなかった気がします。

で、、、フリーランスで仕事を始めるにあたり、「深夜・休日は仕事をしない!」と決めました。

ですが、仕事を始めた当初は、とりあえず安定して仕事をもらえるようになるまでは、そうも言ってられず、結局、深夜にも仕事をしたことがあります。あるとき、ふと、「これじゃ退職した意味がないじゃん!」と思い(いえ、それだけが退職理由ではありませんが。^^;)、深夜残業にならないように仕事量を調整しました。

しばらくは、それでうまく行っていたのですが、一度、「これはいつもの文書より簡単な内容なので、○○ワード/日のペースでやってもらえませんか」と言われ、確かにその文書なら無理のなさそうな内容だったので承諾したところ、その後、新規クライアントでも早い納期が要求され、だんだん無理をするようになってきました。で、冒頭の言葉を思い出したというわけです。^^;

「納期○日で何とかなりませんか」と言われると、つい、「今週の週末は空いてるし」とか、「今日は夜も作業できなくはないな」とか考えてしまうんですよね。これはまさに後輩が嘆いていたパターンです。-.-;

先日、納期が先方の希望と合わなかったとき、「うーーーん、、、」と悩んだ結果、「もういいや、今回はパス」と思い、お断りしたところ、「では、○日で」とこちらの希望の納期で連絡が来ました。(どういうことやねん?! どこまで余裕があるか試されてる?!)

納期の交渉って、なんか神経を使うので、やめたいのですが。。。

ちなみに別の翻訳会社さんは、こちらが申請したペースを絶対に上回らない作業量で依頼が来ます。たぶん無理なペースで品質が落ちることを危惧されているのでしょう。それが普通だと思うのですが。。。一度無理をしたので、余裕を隠し持っていると思われているのか、何なのか。。。

まぁ、自分の仕事量をきちんと制御するのも仕事のうちなんでしょうね。。。ふぅ。。。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[03/29 baldhatter]
[03/22 Vipulthin]
[10/21 Parthkun]
[10/21 mariko(猫先生)]
[09/13 smilealways]
プロフィール
HN:
明風
性別:
非公開
自己紹介:
技術屋から翻訳屋に転身しようと、退職。通信制の翻訳大学院で学びながら、翻訳の仕事を開始。胸をはって「翻訳家です」と言えるまで、日夜修行中(?)の身です。
趣味は音楽鑑賞と城めぐり。月平均 1 回以上のライブと登城がエネルギー源です!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
Copyright ©   明風堂ブログ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]